未来面「つくりかえよう。」第6回(2018年10月22日 日経未来会議編)

課題

「新しい時代にどのような役割を担いたいですか?」

日経未来会議

 読者の皆さんに質問です。

 「人口に占める割合が25%を突破」ということを聞いて、「何が25%を突破した」と思われるでしょうか。恐らく多くの読者が「65歳以上の人口」と答えるのではないでしょうか。はい。正解です。が、別の答えもあります。それは「平成生まれの人口」もそうなのです。昨年10月時点で平成生まれは3244万7千人にもなり総人口に占める割合は25.6%と初めて25%を突破したのです。

 平成30年の今、高齢社会と見られがちなニッポンですが、周りを見渡せば4人に1人が平成生まれの若い社会とも言えるのです。ニッポンの未来を平成世代や来年から始まる新しい元号の世代に託する時代になってきました。

 ここで私たち未来面を担当している編集委員からの問い掛けです。平成の先にある未来について、読者の皆さんは「どのような役割を担い、どのような『より良き社会の実現』に向けて生きていこう」とするのかを教えていただきたいのです。

 未来面は2010年春に始まり、経営者と読者との双方向のやり取りから未来、将来に向けたアイデアを読者から投稿してもらっています。ある企業は寄せられた多くのアイデアを役員会で議論をしたり、アイデアに賛同して支援に乗り出したりする企業もあります。学校のテストのように正解はなく、答えのないテーマについて読者一人ひとりが真剣に向き合ってこそ成り立つのが、この未来面なのです。

 ニッポンは課題先進国です。少子高齢化による生産年齢人口(15歳以上64歳以下)の減少や地域の過疎化、介護サービスの需要増加などが急速に進んでいます。でも課題が明確であるということはそれに対応する知恵も生み出しやすいのではないでしょうか。

 「必要は発明の母」です。若い読者の柔軟な発想、長く人生を歩んでこられたからそこ見えてくる気づきなど老若男女の集合体こそ、課題先進国に向けて新たな価値を創造できるはずです。読者の皆さんはどこに焦点をあてて社会問題を解決できるアイデアをひねり出してくれるのでしょうか。

 デジタル革命によって運転技術や病理診断など人工知能(AI)が人間より優れている部分がどんどん広がることも指摘されています。すばらしい社会と思える半面、人間としての存在意義が問われる社会とも言えます。強烈な技術進歩と人間らしさとの共生が新しい時代の歩き方になるでしょう。

 改めて、読者の皆さんに問い掛けます。「どのように生きていくべきなのか」「どんな志しを抱き、そのような役割を担おうと考えているのか」。来年に迎える元号の変更、2020年には東京五輪・パラリンピックを控える時代の節目に自らと、社会、世界の未来を編み込んでみて下さい。皆さんからのユニークな投稿をお待ちしています。(編集委員 田中陽)

同企業からの課題

同テーマの課題