未来面「つくりかえよう。」経営者編第7回(2018年12月3日)

課題

「新しい時代の医療や健康の在り方は?」

尾堂真一・日本特殊陶業会長兼社長

 読者の皆さんにとって、自動車部品メーカーの我が社が医療分野について、お話しすることに違和感を抱かれるかもしれませんね。しかし自動車の内燃機関という過酷な環境で使われている我が社の製品や技術が幅広い領域で活用されることは必然の流れだと思います。

 実は既にセラミック技術を応用した人工骨の製造を手掛けています。主力商品のスパークプラグの製造は人工骨のそれと似通った工程で出来上がります。コアの技術力を医療分野で使ってもらっていて、この実績を基に、医療分野でもっとお手伝いできないかと考えています。

 将来のEV(電気自動車)化や電動化の流れの中で会社の事業や構造を転換していかなければなりません。我が社の中核となるセラミックス材を使った材料、加工、製造のそれぞれの技術をいかせる分野の在り方について役員や多くの従業員と話し合った結論の一つが医療分野だったのです。基本理念の「良品主義」に裏打ちされた取り組みです。

 自動車部品同様に医療分野への参画は命に関わる仕事ですから生半可な気持ちでは駄目です。背中を押してくれたのは社内の議論での出来事です。若い人たちが医療分野について有意義な提案をしてくれたのです。我が社の将来だけでなく人間の将来について真剣に向き合っていることに感銘を受けたのを覚えています。それで覚悟を決めました。

 自動車分野で培った厳しい品質管理のノウハウを医療の分野でいかし、世の中に貢献したいという気持ちです。我々のルーツである森村組が設立した「森村豊明会」は長く医療関係に助成をしており、そうしたDNAが私たちの中に刷り込まれているような感じもしています。

 具体的な事例を紹介しましょう。自動車用の酸素センサーの技術を応用して在宅療法で使われているのが「医療酸素濃縮装置」です。呼吸不全や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などで肺の機能が低下した患者さんに自宅で濃縮酸素を供給します。患者さんの状況をモニタリングして同時にお医者さんに情報を提供しています。

 また「超音波センサー」によって脳の細かい血管の血液を測定、脳疾患を検出する製品も検討中です。患者さんの負担が少なく、病気の早期発見などにもつながると思います。我が社の技術で社会貢献していきたいです。

 そこで読者の皆さんに問い掛けをします。日本はまだ医療・介護などの公的な制度は維持されています。ただ国の財政事情を考えればいつまでそのシステムが機能するかは疑問符が付きます。病気にならず健康的な生活を送るためには自分、企業や社会全体は何をすればよいのでしょうか。「新しい時代における医療、健康の在り方」についてのアイデアをお寄せいただきたいと思います。

同企業からの課題

同テーマの課題