未来面「あたらしい時代です。」経営者編第9回(2020年1月6日)

課題

「ずっと住み続けたくなる未来の家のカタチとは?」

芳井敬一・大和ハウス工業社長

 「いつかはマイホーム」というのは戦後サラリーマンの夢でしたが、人口減少時代を迎え、最近では空き家の増加が社会問題となっています。一方、住宅は人生における最も高い買い物ですから、愛着のある家に長く住み続けたいというニーズも高まっています。そこで私たちは「どうしたら長く住んでもらえるのか」ということを考えてきました。

 住宅を初めて購入するのは30歳から40歳くらいの年齢です。子育てなどを考え、郊外の広い戸建て住宅に人気がありますが、子供が成育し夫婦だけになると、今度は利便性の高い都市部に移りたいと考える方もいらっしゃいます。ライフステージに合わせて家を住み替えていきたいというわけです。

 欧米など海外では、同じ家に手をかけて長く住むという文化があります。石造りの家は木造住宅に比べ耐久性が高いという面もありますが、自分たちの成長に合わせて「住宅も育てていく」という考え方が背景にあるからだと思います。今の言葉でいえば「リフォーム」ということになるでしょう。

 住宅の売買も、海外では日本ほど税金がかからず、リフォームしたコストを正しく評価する仕組みがあります。だから安心して家にお金をかけられるわけです。日本の木造住宅は20年もすると建物の価値がほとんどなくなってしまいます。こうした住宅の評価制度や税制は見直していくべきだと考えています。

 では、どうしたら長く住んでもらえる家になるのでしょうか。それは終(つい)の住み家をどうするかということでもあります。私はそこで一番大事なのは恐らく「つながり」ということだと思います。家族とのつながり、地域とのつながり、そして趣味や仲間など、自分が生涯やりたいと思うこととつながっていられるかどうかが重要だといえます。

 大和ハウス工業では昭和30年代から全国61カ所に「ネオポリス」という住宅団地を開発してきました。最近では高齢化が進んでいることから、そこに若い人たちを呼び込んだりして、ほかの世代とのコミュニケーションがとれるような街づくりの見直しを進めています。

 2年前からは中古住宅の仲介や買い取り、リノベーションなどを手掛ける「リブネス」という事業も立ち上げました。人間に物語があるように、建物にも改装を施した「第二章」があってもいいと思うからです。それには自然災害に耐えられる耐震性や耐水性などの強化も重要です。

 海外では家族構成の変化に合わせて部屋を足したり減らしたりできるコンテナ方式の家もあります。私たちもそうしたずっと長く住める家を提供したいと思っていますが、皆さんはどうしたらそんな未来の家ができるとお考えでしょうか。ぜひ皆さんの知恵で新しい家のカタチを教えていただければと思います。

アイデア

長屋住まいに学ぶ

増野 秀夫(自営・自由業、63歳)

 江戸時代の長屋に学べることがあるのではないだろうか。一般的な長屋は間口9尺(2.7メートル)、奥行2間(3.6メートル)の3坪で、4畳半の居間と台所兼用の土間からなる。かまどや水桶は土間に、食器類は棚に置くなどして、狭い空間を有効に利用していた。押し入れがないため、夜具は枕屏風の陰に積んでいた。一方、現在では省エネルギー住宅という言葉をよく目にする。エネルギー消費量が少ない住宅、それは長屋のように様々な工夫が詰め込まれた住宅を指す。

 長屋には木造という良さもある。未来では人工知能(AI)などのテクノロジーが発達し、人間はもっと心地良いものを求めるようになる。そのとき、おそらく木のような本物の素材が見直されていく。わたしは、できるなら鉄骨づくりで耐火性を持つハイブリッド木造建築の「長屋」に住みたいと思う。

「そこにある」価値を

平田 哲也(会社員、46歳)

 英国に行くと、古い家や建物がずっと残っている。ビクトリア朝(100年以上前)に建てられ、外観は古いけれども、手入れがきちんとされていて美しい家が多数立ち並び、完全に街と同化している。中に入ると内装は更新されていて、快適な状態になっている。そういう価値観になじむと、ずっと住み続けたくなる家というのは、「そこにその家がある」という状態が風景として変更できない家ではないかと思えてきた。その家がないことが考えられない状態が、住んでいる人だけでなく、その街で暮らす人にとっても動かすことのできない価値、つまり本当の意味での不動の資産を生みだしているのではないだろうか。作り手は永く愛される家を作り、そして住民たちを含めて家を、そしてその風景を大切にしていく価値観が浸透すれば、ずっと住み続けたくなる家が、増えると思うのだが。未来にはそんな風景もあるかもしれない。

空間の記憶伝える

横山 陽子(武蔵野美術大学大学院造形構想研究科修士課程1年、48歳)

 倉庫を整理した時、セピア色に焼けた1枚の白黒写真が出てきた。祖父が住んでいた昔の家だ。かすかな記憶だが、祖父に抱かれた温かさ、庭の池の水の冷たさ、縁側や座敷の畳の匂いなど、五感の記憶もよみがえってきた。しかし、あの家はもう存在しない。間取りはどんな様子だったのだろうか? 図面もなく、家族に聞いても曖昧な記憶しかない。あの空間にひとときでも戻りたいと思う。「昔の祖先はどんな家に住んでいただろうか」と空間の家系図の興味は尽きない。未来の家は空間を記憶させ、子孫に伝えていきたいと思う。五感の感覚も今はモノでしか残せないが、近未来はデータで保存できるようになるだろう。人工知能(AI)が進化する時代、この記憶を懐かしむ感情は、人間に残された数少ない楽しみになるかもしれない。リアルな家は永遠に住み続けることはできないが、記憶は代々引き継がれ未来につながっていく。

以上が紙面掲載のアイデア

ワクワク、かつ安心できる家

高橋 雄一(会社員、50歳)

 人の思いは生活する場所に多く残る。住み続けたいと思える大きな2つの要素を考えた。一つはワクワクする家だ。年齢によって求めるものは変化するが、コミュニティーとのつながりが必要と感じる。次世代の通信規格「5G」の時代を控え、遠方の家族や友人と3D映像で会話できたり、どうしても出席できない同窓会に登場できたりしたら嬉しい。劇場にいるかのような臨場感のある映画を家で鑑賞することも、楽しいだろう。

 もう一つの要素は安心して住めること。昨今の地震・水害対策は急務だ。家が究極の形状記憶かつ水に浮揚する素材でできていたらどんなに安心だろう。また長生きリスクがある現代、医療・介護の不安もある。家にいながら、医師らの触診が遠隔操作で可能になればとても安心だ。住宅建築時の標準機能としてもらいたい。思いをずっと大切にするため、そんな家に住みたい。

仮想現実で住みやすい家を演出

須藤 貞明(会社員、25歳)

 ずっと住み続けたくなる未来の家のカタチとは、家族や友人など大切な人が離れていても、あたかも目の前にいて一緒に暮らしているように演出できる家のことだと考える。たとえ物理的に住みやすい家だとしても、心理的に住みやすい家となるとは限らない。家に帰り、大切な人がそばにいることで、住みやすさは高まっていくと思う。そこで、仮想現実(VR)を利用するのはどうだろう。大切な人があたかも目の前にいるように感じられるだろう。どこに住んでいても、大切な人と暮らしていた家の延長線となりうる。

 また、空き家問題に対する解決策にもなるのではないだろうか。空き家を住みやすいようにリノベーションし、VRを利用すれば、大切な人と暮らしていた家を演出し、住み続けたい家に変えられると思う。

楽しんで「つながる」住宅へ

清水 真哉(明治大学商学部3年、21歳)

 2019年、台風15号や19号がもたらした停電や河川の氾濫などの甚大な被害は、自然災害の恐ろしさを日本中に知らしめた。気候変動の影響で、今後はさらに予測不能な災害に遭遇する恐れがある。いざ未来の自分が理不尽な自然災害に直面したとき、それでも住みたいと思える住宅とは何だろうか。私はその答えを住民同士の「つながり」にしたい。

 住んでいる地域が危機に瀕しても、近所の人と手を取り合って乗り越えたい。そのためには、普段からご近所付き合いをしておく必要がある。そこで提案したいのが、不動産会社がバーベキューセットや遊具を貸し出すサービスだ。地域間の交流のために貸し出し、地域還元型のビジネスモデルをつくる。子供だけでなく、大人も楽しみながら、近隣の人と仲良くなれる機会を提供したい。これによって、居住者がいざという時に躊躇せず、気軽に声をかけ合える環境づくりを目指す。

愛犬のような家

濱元 崇(会社員、42歳)

 愛犬は帰宅する飼い主の足音を聞き分け、帰りを出迎えてくれる。そんな愛犬のように、いやしてくれる家に住みたい。大事にしたいのは、明かりと温度だ。夕方、家に帰ってくると温かい明かりで家が出迎えてくれ、中に入ると快適な温度が保たれている。夏の玄関は涼しく、冬は暖かい。朝も自動的に最適な明かりで、快適な目覚めに導いてくれる。お風呂はいつでも最適な温度が保たれている。体調と機嫌に応じて、明かりと温度を調節してくれる。そんな家主にいつも寄り添った家であれば、ずっと住み続けたい。愛犬には散歩も大切だが、そこは家主が必ず立ち会う点検の仕組みになる。月に1回、家の体調を気遣う仕組みが必要だ。愛犬が年を取るように、家も味わいと愛着が出てくるようなものがいい。いつも新品でなくていい。例えば壁などは、年に応じたなんともいえない風合いを持つ方が自然と愛着もわいてくる。

思い出を共有できる家

横山 理紗(会社員、26歳)

 家にはたくさんの思い出がつまっている。そんな思い出を一緒に刻んでいくことができる家とともに、暮らしていきたい。リビングや庭など、人が集まる場所にセンサーを設置し、その時の盛り上がった場面などを感知して、写真や動画などで家自体が記憶してくれる。1年前、5年前、10年前はこんなことをしていたよと教えてくれる家なら、ずっと一緒に思い出を作っていきたいと思えるはずだ。入学、卒業、就職などの節目の日に、いつも家の同じ場所で記録を残していくことができれば、さらにその思い出を同じ家で積み重ねていきたいと思うのではないだろうか。たとえ模様替えをしたり、リフォームなどで間取りががらっと変わったりしたとしても、人ともに家も一緒に思い出を共有できる仲間なんだと思えるとうれしい。

サブスクリプション・ハウス

米津 栄次郎(無職、87歳)

 モノよりコト、シェアエコノミーが叫ばれる中、ずっと「1か所」に住み続けるカタチは、むしろ時代に逆行する。そうではなく、様々なシチュエーションの津々浦々の家々の一群を、サブスクリプションとして提供することにより、住み手のその時々の気分や時節などに従って、点々と住み歩くことができる、「集合体・一団としての空間サービス」こそが、ずっと住み続けたくなるカタチである。リタイアしたシニアだけでなく、就労世代も就学世代も、今後ますます物理的な制約から解放された生き方が可能となれば、ずっと一つの場所にとどまる必要には迫られなくなるはずだ。サブスクリプション・ハウスの需要は高まるだろう。

ビジネスに集中できる空間

矢頭 俊也(会社員、33歳)

 あらゆる企業で導入されているテレワーク制度。その制度をもっと良いものにしたい!正直、家だと集中できないし、捗らない。一層のこと職場にいる状態をバーチャルで作ってしまい、印刷作業やテレビ会議システムなども家で容易に行えるように共通システムを仲介することによって、どの機器メーカーも同じように使えるようになったら、面白い!更には、もし転職をしたとしても、家のシステムはそのまま使えるような仕組みにしてしまえば良い。子供が早い段階でビジネスに接して勉強できる機会が作れれば、日本や世界を引っ張っていくビジネスマンが生まれるのではないか。また、高齢者もビジネスに接する機会が継続でき、脳の活性化に寄与し、超超超長生き時代の到来だ。もちろん、くつろげる空間は忘れずに。

ずっと住みたくなる家

三輪 愛里菜(クラーク記念国際高校総合進学コース3年、18歳)

 「家」には小さな子供、体の不自由な人、高齢の人など様々な人が住む。「ずっと住み続ける家」となると、一生住める家だと考えることができる。子供もいずれ年を取ってしまう。子供と高齢者が安心して暮らせる家となると、やはり段差が全くない家ではないだろうか。すべての部屋にゆとりを持たせ、車いすやベビーカーも余裕をもって通ることができることが重要になる。また、廊下などもゆとりを持たせることによって、子供たちがのびのび遊ぶことができる。外で遊ぶと危険があるが、家の中では安心だ。このようなことから、私の思うずっと住める家は、安心して健康に過ごせる家だと考えた。

好きな人がいてくれる家

小牟田 朱里(北九州市立ひびきの小学校3年、9歳)

 ずっと住み続けたくなる家は、好きな人がいてくれる家です。わたしの場合はお母さんや犬のスピカです。わたしは今、福岡県に住んでいますが、大学生になったら東京か大阪に住んでみたいです。そして結婚したいです。でもお正月や夏休みには家に帰りたいです。ほっとできると思うからです。この作文を色々考えていて、すごく難しかったです。はじめはロボットが家にいて掃除や洗濯をしてくれたらいいなとか思いました。でもやっぱりわたしにとって未来もずっと住みたくなる家は、好きなお母さんがいてくれてほっとする家です。大学に行ったり、結婚したりしたいからずっと住み続けるのは無理ですけど、今の家には好きな人がいてくれるから絶対帰りたいと思います。

地域を家族にする家

島津 侑香(会社員、38歳)

 将来、自動運転スーパーが家まで来たり、オンライン医療で診察したりと、「利便性」の良い家というのは、立地ではなくテクノロジーが解決してくれる。そのような未来には、「人とのつながりを感じられる」家が、住み続けたい家になるのではと思う。将来は今以上に一人暮らしの一軒家が増加すると思う。仮に年老いて一人暮らしになったとしても、私は地域の人で集える家にしたい。例えば、庭を使って近所の子供と野菜を育てたり、若手コックの練習の場としてキッチンを貸し出し、地域のお友達と一緒にお酒を飲める場にしてみたり。空いている空間を有効活用し、地域の人が集える時間・場所をつくれば、人とのつながりができ、思い出も深まり住み続けたい家になっていくと思う。近所のそれぞれの家がこのようになっていけば、人とのつながりを地域全体で味わうことができ、住み続けたい家、家族のような地域になっていくと考える。

削られ磨かれ洗練される家

曽田 昌弘(会社員、40歳)

 長野の善光寺に木製の「びんずる尊者像」がある。この像ができたのはおよそ300年前と言われ、修復されながら、今なお「なで仏」として参拝客になでられている。その表面は滑らかに削れていて、顔貌はほぼ無くなり、表面はつるつるだ。削れた後の姿を前提にデザインされたわけではあるまいが、この外観には、使い込まれた道具のような味わいやすごみがある。さて、このびんずる尊者像のような、時を経て削られ磨かれ洗練される家はどうだろうか。家屋の内外、人の手が触れる至る所に、木材・石材・金属の無垢(むく)材を配し、人が住み暮らす事で、その無垢材が徐々に磨かれ進化する。暮らし方でその進化の仕方も変わって来るとなお面白い。代々住み続け100年、200年経てば「伝説の家」と言われるまでに育つかもしれない。自宅が未来の伝説のスタート地点になるのだ。

家族の思い出がつながる家

寺尾 重昭(会社員、39歳)

 おじいちゃん、おばあちゃんの家、自分が生まれ育った実家、新婚で夫婦で初めて一緒に住んだ家、子どもたちの育った家。家族みんなに、色々な自分の「思い出の家」があるはず。この思い出の家を、部屋をまるでプラモデルや積み木のようにパーツに分解して持ち運べるような家はどうだろう。結婚したら、それぞれが自分の部屋を持ち寄る。足りない部屋は買い足せばいい。子ども部屋は、子どもたちが巣立っていくときに部屋ごと持っていけばいい。家族それぞれが、自分の思い出の家の一部を持ち寄って、組み合わせ、新たな生活を紡いでいく。自分の部屋を出ると、隣は母親が子どもの頃から住んでいる部屋。子どものころにつけた身長を刻んだ柱、もうボクが追い抜いたよ。そんな家族の今と昔が交差して、未来に受け継がれていくような家に住み続けられたら、どんなに幸せだろう。

育成させる住まい

豊田 知司(会社員、42歳)

 新たな可能性を感じ続けられることが必要だ。日本では既製品や完成品に魅力を感じる人が多い。しかし、それらの物は購入した時から魅力が徐々に下がってしまう。住宅でも同様だ。モデルルームでは完成品を勧められ、購入し住み始めたら魅力度は下がるのが常だ。自身も新築購入してから年々魅力を感じる事が少なくなっている。リフォームしたくても多額の資金はないしDIYするのも不安があり、魅力度UPの糸口が見えない。もし、新築購入時の金額が抑えられリフォームやDIYにもっとお金が掛けられるような仕組みがあれば、ステキではないだろうか。アフターフォローや施工サービスの定額化、DIY時の材料費の抑制、セルフビルド時のアドバイスなどのきめ細やかなサービスが受けられると、これらの住まいの可能性が広がるはず。家族構成の変化や経年劣化にも対応しながら自分で育てる住まいを提案したい。

-->

講  評

 先日、実家で建てた古いアパートの解体に立ち会ったのですが、その場所から戦後すぐに作られた餅箱が出てきました。私も小学校時代に使っていたもので、思い出に父親が残していたのです。何ともいえない懐かしさと家族の温かみを感じました。

 皆さんのご提案もそんな家族との和や絆、近所とのつながりを大切にし、古い家も残してほしいといったものが多かったように思います。「長屋住まいに学ぶ」は江戸時代の庶民の暮らしを今日になぞらえたご提案ですが、近所とのお付き合いを大切にしつつ、エネルギー消費にも配慮した街づくりを目指すアイデアだと思いました。

 古い建築物の建て替えが増えていますが、「そこにある価値を」は昔の街並みを残してほしいというご提案です。神戸の税関が改築された時もファサードなどの外観が残されたのはよかったと思います。新しい建物をゼロから建てるよりコストはかかりますが、やはり見慣れた建物がそこになくなるというのは寂しいものです。

 「空間の記憶伝える」も思いは同じかと思います。しかし、こちらは今の記憶を未来に向けて残してほしいというご提案です。ほかにも5年前、10年前の家の様子を動画で自動的に残せたらというご意見もありました。この点では私たちもまだ十分に対応できていませんが、人工知能(AI)やセンサー技術などを使えば、今後実現できることだと思っています。

 興味深かったのは9歳の小学生からの投稿でした。前回、この欄で「ワクワクドキドキ帰りたくなる家」を聞いたところ「お母さんが怒らない家」と答えてくれた女の子です。今回は「結婚しても、大好きなお母さんがいる家」ならずっと訪れたいと書かれていたのがとても印象的でした。

 私たちも中古住宅の仲介や改築を手掛ける「リブネス」事業を通じ、古き良き時代を未来へつなげていきたいと思います。

-->

同企業からの課題

同テーマの課題